忍者ブログ
擬人化とかBLとか愚痴。 気侭にやってます。色々と。 本当に色々と。
Clap&Ranking
良ければポチッと。 拍手はツッコミとかも。

素材:林檎の缶詰【陸斗様】



カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
和風うね
性別:
女性
職業:
jk
趣味:
妄想・絵
自己紹介:
根っからの腐女子。
2chに浸りたい。
浸れない。
時間が無い。

高校生は仮の姿。
中身はただのヲタ腐女子!

此処まで教えてあげたんだから、ありがたく思いなさい!
べ、別にあんただけに教えてあげた訳じゃないからねっ!///
BP
上から 黒苺(くろめ) :阿呆宇宙人 蜜(みつ) :ぼんやりツンデレ 憐陳(れんちん) :きまぐれおこちゃま
最新TB
バーコード
ブログ内検索
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もふ。


なんか気分落ち気味のうねさんです。
早くサンホラを聞きたいです。
聴けば良いじゃん。って感じですが、如何せん親の部屋ですから。
Tさんが目に入るだけでテンションが沈みます。
シンボルマークを明日には完成させないとです。
明日は1時間目から体育です。
Tさんと嫌でも合わなければなりません。
しかもDDが商デに変更なので微妙です。

そんなオフで下がりまくったテンションを上げるべく、
久々に家の子を語ります。ウッゼwwwと思った方はさっさと帰れ。

軽く自暴自棄(´・ω・`)

(´・ω・`)

まずはにゃーたん。
にゃーたんとはじうたんの呼び方から来てます。
じうたんは言葉を上手く発音出来ない事があるので、
ニアたんの事はにゃーねぇと呼ぶのです。
ニアたんは王妃様だからじうたんにとってはあねぇなのです。
それからニアたんは一途な白猫さんです。
ペット設定の番外ストーリーがオフで密かにあるのです(´・ω・`)
受子達はにょた化されてます。(´・ω・)
蒼たんとは成猫で売れ残り同士だったのです。
逝羅魅様と燈空が一緒にPSに来て、
逝羅魅様は死が迫って悲しそうな目をしてても自分に微笑んでくれたニアたんを気に入って、お持帰り。
色々な服をニアたんに着せてあげて大層可愛がるのです。
ニアたんも逝羅魅様が可愛がってくれるのが嬉しくて、毎日家事を頑張るのです。
二人は幸せ家族なのです。


次は蒼たん。
蒼たんの番外ストーリーではですね、
逝羅魅様と一緒にPSに来た燈空は、店内をグルグル、半分迷いながら見ている訳です。
そしたら、にゃんこさんのコーナーにせくしーだいなまいつな黒猫蒼たんが寝てたのです。
あんまり良い服は着せて貰えないので、ちょっとボロイ服だったけど、
蒼たんのばくぬーに惹かれて顔を見たらどツボで、
(*´д`*)ハァハァしながら見てたら蒼たんが起きてしまうんです。
燈空さん変態な上に間抜けですね。(´・ω・`)
小首を傾げる姿が可愛くて家に来るか?とか言っちゃって、
そしたら蒼たん、自分みたいな成猫より子猫を連れて帰ってあげて。
とかなり謙虚に答えてきて、燈空は更にそれでぐっときちゃって、
蒼たんの目が酷く寂しそうで、守ってあげたくて、
お前じゃなきゃ駄目だ!とか駄々捏ねて抱きついたら、
飽きたら捨てても良いから……って涙目で服つかまれて、
(*´д`*)ハァハァしながら連れて帰るのです。
燈空さんどうしようもない変態ですね。(´・ω・`)

続いて骸たん。
骸たんは”たん”がついたときは、むくろたんではなく、むくたんと読みます。
裏設定を話せば実は本名ではありません。(´・ω・`)
骸たんの番外は、
ツンデレ我侭黒子猫で、誰にも愛想良くしないので、中々飼い主が現れなかったのです。
しかし、一人暮らしを機に猫を飼おうと思った瑰隴が現れます。
少し見惚れてしまった骸たんですが、自分を飼ってくれる訳無い、
と思い、奥のほうへ隠れてしまいますが、瑰隴目敏く見つけます。
そしてあろうことか骸たんを飼う事に。
連れて帰ろうとしますが、骸たんは照れ隠しも混ざって思いっきり反抗するのです。
しかし瑰隴は骸たんの頭も優しく撫でて来て、優しくされた事の無い骸たんは戸惑って大人しく。
家に着いてから我に返り、思いっきり威嚇開始。
流石にキレた瑰隴に怒鳴られて、直感的に捨てられると思い、押入れに立て篭もります。
しばらく時間が経ってから骸たんが出てみると、
布団が敷いてあって、食べ物が置いてあったのです。
けど、食べれそうにない気分な骸たんはそのままねてしまうんですが、
悪夢をみてしまい、瑰隴に泣きつき、ふと顔を見ると凄まじく不機嫌で、
嫌われまいと耳を震えさせながら戻って行きますが、
そこで凄まじいドジをして、流石に瑰隴も心配になり、
ご飯を食べさせてから一緒に寝てあげるのです。
でも、例えどんな事があろうと、骸たんのツンデレは治らないものなのです。
でも徐々に骸たんデレが出てくるのですよ。
そしてこの黒猫さんは瑰隴の言う事は守りますが、かなり極端なので、
瑰隴は家を開ける時は心配で心配でしょうがないのです。(´・ω・`)



もふ。
長過ぎぽ。
今日はこの位に。
いつか漫画もあp出来たら良いね。(´・ω・`)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
きょう蜜が部屋へ
きょう蜜が部屋へオフしたかったの♪
BlogPetの蜜 URL 2007/07/08(Sun)15:46:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
人だった
暮らし
URL 2007/07/07(Sat)17:25:28
忍者ブログ [PR]